松野屋の歴史

ひがしね梅と梅菓子本舗松野屋

梅菓子本舗松野屋 代表取締役の清野重美が昭和四十二年頃、現在の「ひがしね梅」となる原木を発見しました。

山形県東根市は「果樹王国ひがしね」といわれるほど、さくらんぼ、リンゴ、ラフランスなど果物の生産が盛んな地域です。
「ひがしね梅」を発見した昭和40年頃は、どの農家も多忙を極め、梅の生産まで手が回らない状況がございました。
そのような状況を鑑みて、代表取締役清野重美自らが「ひがしね梅」の生産に乗り出します。

  • 昭和60年頃 ひがしね梅と代表

松野屋の梅菓子に使用している「ひがしね梅」は自社生産100%です。
「ひがしね梅」の自社生産から、梅菓子の商品化まで、開発に実に三十余年も費やし松野屋の梅菓子が誕生します。

  • ひがしね梅の収穫の様子ひがしね梅の収穫の様子
  • 自社梅園の若木たち(2014年当時で3年目の若木)自社梅園の若木たち(2014年当時で3年目の若木)

pagetop

梅菓子、ひがしね梅、ご注文など
なんでもお気軽にお問合せください。

  • tel
  • メールでのお問合せはこちら
  • 商品購入はこちら オンラインショップ